異色の次官に込めた財務省の狙い 金融資産への課税を強化する道へ

公開日: 更新日:

財界通(以下=財) 夏恒例の霞が関人事に、今年は異変があったな。

政界通(同=政) 財務省の事務次官人事か。戦後、旧大蔵省以来、京大卒が2人いただけで、東大卒が独占してきた次官に初めて一橋大学出の矢野康治氏(58)がなった。

 企業のトップ人事でも、表向きは「候補者の中で最適だから」と説明されるが、歴代首脳との人脈や歩んできた分野など複雑な要因がからむのが普通だ。異変が起きた背景は何かね?

官界通(同=官) 端的に言えば「最強官庁」とされてきた財務省の地盤沈下だ。安倍政権で経済政策を牛耳ったのは、ご存じのように経済産業省の面々だ。安倍氏も当時の菅官房長官も、政治家が考えた政策でも「仕事ですから」と“査定”する財務官僚が嫌いだ。もちろん、知恵者の財務官僚は政治家の胸中を測って「この政策を、おやりになりませんか」ともちかけて相手の顔を立てたが、首相官邸に唯々諾々と従った幹部もいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    【競泳】大橋悠依は金メダル、瀬戸大也は予選落ち…男女エースの明暗を分けた指導者の差

  4. 4

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  5. 5

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  6. 6

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  7. 7

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  8. 8

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

  9. 9

    小芝風花vs二階堂ふみ“ラブコメ対決”ともに大苦戦…既視感ありすぎ視聴者ドッチラケ

  10. 10

    塩村あやか議員が激白 開会式“深夜の子供出演”は「日本の順法精神が問われている」

もっと見る