姫田小夏
著者のコラム一覧
姫田小夏ジャーナリスト

上海財経大学公共経済管理学院・行政管理学修士(MPA)。中国ウオッチは25年超、うち約15年を上海で過ごす。アジア・ビズ・フォーラム主宰。日刊ゲンダイでの連載などをもとに「ポストコロナと中国の世界観」(集広舎)。

米中緊張「恐るるに足らず」の楽観論が出る背景…軍事的緊張関係による冷戦構造が狙いの見方も

公開日: 更新日:

【緊急連載】どうなる中台関係 ペロシ氏訪台の衝撃(中)

 ペロシ米下院議長の台湾訪問を「ついに一線を越えた」と懸念する声がある一方、「恐るるに足らず」と動じない声もある。

 今秋、中国では5年に一度の「共産党大会」が開かれる。第20回に当たる今年の党大会は、習近平国家主席の第3期続投が決まるかどうかの重要会議となるが、「党大会のある年には決まって何かが起こる」のが定説だからだ。

 第18回党大会が開催されたのは2012年11月のことだが、同年9月には中国全土で大規模な反日デモが起こった。

 中国事情に精通する日系コンサル企業の代表は、「仮想敵を誇大に非難して党が権威を示すのは、中国政治の一種のパターン」だとし、「米中は裏でつながっている」と分析する。確かにこんな局面でも、21年の米国の対中貿易額は過去最高だった。

 一方、台湾に目を向けるとどうか。台湾では一般市民が参加しての避難訓練の実施などが日本でも報じられているが、「実は、台湾の人々は戦争が起こるとは本気では思っていない」と、台湾南部在住の彭莉さん(仮名)は話す。彭さんは与党・民進党の熱心な支持者だが、「抗中保台(中国に対抗して台湾を守る)を掲げる民進党でも、実際は『現状維持』の立場。内心は独立させたいが、何が何でも独立だとは考えていません。私には戦争が起こるとも思えないし、軍事訓練もあくまでポーズに過ぎません」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

  2. 2
    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

  3. 3
    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

  4. 4
    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

  5. 5
    安倍氏国葬“4割欠席”の大誤算…「何のため?」の声さらに高まり内閣支持率“奈落の底”へ

    安倍氏国葬“4割欠席”の大誤算…「何のため?」の声さらに高まり内閣支持率“奈落の底”へ

  1. 6
    あるぞ大谷翔平「40本塁打・100打点・100得点」の大台 カモ2チームとの対戦でフル回転

    あるぞ大谷翔平「40本塁打・100打点・100得点」の大台 カモ2チームとの対戦でフル回転

  2. 7
    秋ドラマはシリーズもの圧勝か? 若手俳優を起用し何を作ってもヒットしない惨状

    秋ドラマはシリーズもの圧勝か? 若手俳優を起用し何を作ってもヒットしない惨状

  3. 8
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  4. 9
    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

  5. 10
    安倍元首相の政治資金「ズサンな使い道」の記録 デタラメ領収書は3年分で1000枚にも

    安倍元首相の政治資金「ズサンな使い道」の記録 デタラメ領収書は3年分で1000枚にも