著者のコラム一覧
重道武司経済ジャーナリスト

1957年鳥取県倉吉市生まれ。84年フジサンケイグループ傘下の経済紙「日本工業新聞」(現フジサンケイビジネスアイ)の記者となり、千葉支局を振出しに鉄鋼、自動車、総合電機、財界、金融、エネルギー(電力・石油・ガス)などの業界を担当。2000年外資系通信社に転じた後、02年からフリーに。得意分野は通信社時代を含めて在籍足掛け7年にも及んだ日銀記者クラブ時代に人脈を培った金融。自動車業界にも強い。

営業赤字が11期続くダイドーリミテッド「還元セール」の原資は…100円配当に50億円の自社株買い

公開日: 更新日:

 対立の構図を払拭し、融和ムードを演出する意図もあったのか。「ニューヨーカー」や「ブルックスブラザーズ」などのブランドを展開するアパレルの老舗、ダイドーリミテッドが先週末、取締役全員が出席するという、異例の記者会見を東京・秋葉原の本社で開いた。

 同社は定時株主総会での取締役選任議案を巡って会社側と、アクティビストとして知られる筆頭株主(議決権ベースで32.2%保有)の投資ファンド、ストラテジックキャピタル(SC)が激しく対立。抗議文が飛び交い非難の応酬となるなど“泥仕合”を繰り返してきた。

 結局、先月27日の総会は会社提案の取締役候補6人中5人が、SC提案候補6人中3人が選任される形で決着。総会後の会見で会社側はしきりに「ノーサイド」を強調していたが、それを具現化してみせたわけだ。

 もっとも本社会見は何も「一枚岩」を訴求したいがためだけに行われたわけではない。「株主還元の大幅な拡充」が趣旨だ。25年3月期の配当を前期実績(2円)の50倍。期初計画(5円)の20倍の100円に引き上げるというもので、しかもこれを3年間続ける。おまけに最大50億円の自社株買いにも踏み切るという。株価は一気にストップ高に跳ね上がった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方