ウソ炙り出し 猪瀬知事が突き付けられた「資料請求リスト」

公開日:  更新日:

 都議会で5000万円の裏金を追及され、アップアップの猪瀬都知事。突き上げの舞台となっている総務委員会は11日、16、17、24日にも知事を呼んで話を聞くことを決めた。もはやウヤムヤで逃げ切るのは不可能だ。

 都議会の各会派は猪瀬に、詳細な資料の提示を求めている。詳しくは別表の通り。出さなければ疑惑は晴れないものの、出せば裏金の証拠になってしまう資料もありそうだ。

「決め手は、やはり借用書でしょう。本物かどうか問われるし、偽装したのなら一発でアウトです。都知事は、<徳田毅事務所から返してもらった>と言っていたが、10日になって<木村氏が受け取り郵送してきた>と説明を変えた。借用書をめぐっては、<本当に徳田議員に渡したものなのか指紋を照合しろ>という声がある。もしかすると偽装に関わった人物の指紋があったり、指紋がふき取られたりしているため、第三者も関与しているのだと答弁を改めたのかもしれない」(都政関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る