日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ウソ炙り出し 猪瀬知事が突き付けられた「資料請求リスト」

 都議会で5000万円の裏金を追及され、アップアップの猪瀬都知事。突き上げの舞台となっている総務委員会は11日、16、17、24日にも知事を呼んで話を聞くことを決めた。もはやウヤムヤで逃げ切るのは不可能だ。

 都議会の各会派は猪瀬に、詳細な資料の提示を求めている。詳しくは別表の通り。出さなければ疑惑は晴れないものの、出せば裏金の証拠になってしまう資料もありそうだ。

「決め手は、やはり借用書でしょう。本物かどうか問われるし、偽装したのなら一発でアウトです。都知事は、<徳田毅事務所から返してもらった>と言っていたが、10日になって<木村氏が受け取り郵送してきた>と説明を変えた。借用書をめぐっては、<本当に徳田議員に渡したものなのか指紋を照合しろ>という声がある。もしかすると偽装に関わった人物の指紋があったり、指紋がふき取られたりしているため、第三者も関与しているのだと答弁を改めたのかもしれない」(都政関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事