1カ月の短期決戦 今すぐ仕込む「W杯39銘柄」はこれだ!

公開日: 更新日:

定番3業種は「スポーツ用品」「テレビメーカー」「放送局」

 普段はサッカーに関心のない人もこれだけは観戦するというのがW杯。日本代表メンバーが発表された今月12日は、FW大久保嘉人のサプライズ選出が発表されると、所属する川崎フロンターレのスポンサー、富士通の株価が上昇した。来月12日の開幕まであと1カ月。短期決戦で狙う株は?

「関連業界の三本柱は、『スポーツ用品』『テレビメーカー』『放送局・広告代理店』です」と言うのは、松井証券シニアマーケットアナリストの窪田朋一郎氏。この3業界はいわばW杯銘柄の“定番”だ。4年前の南ア大会の日本戦の視聴率が40%超で、今回も同程度が期待されている。3業界は、最も広告・宣伝効果を得られそうなのだ。

「消費増税でテレビ販売が伸び悩んでいます。W杯効果でそれが払拭されるのかどうか」(窪田氏)

 さて株は、ここからが連想ゲームだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  5. 5

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  6. 6

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  7. 7

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  8. 8

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  9. 9

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  10. 10

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る