株価急降下…小保方氏に翻弄されたバイオベンチャーの苦境

公開日: 更新日:

 理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーが、英科学誌「ネイチャー」に投稿したSTAP細胞の2本の論文のうち、1本の取り下げに「同意」した。理研の調査委が論文の「改竄(かいざん)・捏造(ねつぞう)」についてクロ判定してから約3週間。彼女もようやく事実を受け入れる覚悟が出来たのだろう。迷走を重ねた「STAP細胞」論文問題だが、一連の騒動に大きく翻弄されたバイオベンチャーがある。ジャスダック上場の「セルシード」(東京)だ。

 セルシードは01年に設立。細胞シートを使った再生医療事業などを手掛ける。連結売上高が1億円余り(13年度)の中小企業がガ然、関心を集めたのが「STAP細胞」発見のニュースだった。

「バイオ関連銘柄として注目され、『STAP細胞』発表前は1600円台で推移していた株価が発表翌日の1月31日、2400円に急騰し、年初来高値を更新しました。セルシードが話題になったのは、それだけではありません。小保方さんの博士論文を指導し、『STAP論文』の共著者だった岡野光夫氏が取締役、大和雅之氏が株主だったため、超有望株とみられた。一時はインサイダー疑惑も浮上したほどです」(経済ジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  3. 3

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  4. 4

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  7. 7

    また「民主党も」発言…いつまであの人を有難がって使う?

  8. 8

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  9. 9

    子供には食べさせたくない 高カロリーな異性化糖入り菓子

  10. 10

    巨人二軍監督に就任後 まず岡本を7番から4番に固定した

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る