日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

人員整理のツケ…トラブル頻発のJALに迫る業務改善命令

 JALがまたトラブルだ。5日午前9時ごろ、貨物重量管理システムで障害が起こり、復旧したのが午後5時過ぎ。羽田空港発着便を中心に国内線174便が欠航、1万4000人に影響が出た。

 国交省の指導は原因究明と再発防止の指示にとどまったが、JALのダメージは決して小さくない。「異例の頻度でミスが起きている」と叱り飛ばされたばかりなのだ。

 理由は昨年10月から今年5月にかけて起きた16件の整備ミス。運航に支障は出なかったものの、着陸時の減速に使う逆噴射装置の部品を付け忘れたまま1カ月飛ばし続けていたり、主脚部品の付け忘れもあった。無資格の整備士が最終確認していたケースまであった。

「ほとんどが単純ミスによるもの。まさにヒューマンエラーです」(航空アナリスト)
 こうした事態を受け、JALは5月19日から23日にかけて羽田の整備を休止。管理職と整備士らが作業の見直しを検討した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事