• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

人員整理のツケ…トラブル頻発のJALに迫る業務改善命令

 JALがまたトラブルだ。5日午前9時ごろ、貨物重量管理システムで障害が起こり、復旧したのが午後5時過ぎ。羽田空港発着便を中心に国内線174便が欠航、1万4000人に影響が出た。

 国交省の指導は原因究明と再発防止の指示にとどまったが、JALのダメージは決して小さくない。「異例の頻度でミスが起きている」と叱り飛ばされたばかりなのだ。

 理由は昨年10月から今年5月にかけて起きた16件の整備ミス。運航に支障は出なかったものの、着陸時の減速に使う逆噴射装置の部品を付け忘れたまま1カ月飛ばし続けていたり、主脚部品の付け忘れもあった。無資格の整備士が最終確認していたケースまであった。

「ほとんどが単純ミスによるもの。まさにヒューマンエラーです」(航空アナリスト)
 こうした事態を受け、JALは5月19日から23日にかけて羽田の整備を休止。管理職と整備士らが作業の見直しを検討した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  4. 4

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  5. 5

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  8. 8

    佐喜真氏はなぜ沖縄県知事選で日本会議との関係を隠すのか

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    ツアーを長く支えた主催者との良好関係を小林会長ブチ壊し

もっと見る