当選確実? 日産ゴーン社長「レバノン大統領転身」の現実味

公開日:  更新日:

「レバノンの大統領になる気はあるか?」――。
 これは17日午前、外国特派員協会(FCCJ)で行われた日産自動車カルロス・ゴーンCEO(60)の講演で飛び出した質問だ。
 ゴーン氏は「私が貢献できるのは今のポストだ」と答えたが、大統領選への出馬を明確に否定はしなかった。

「FCCJでそういうご質問が出たことは確かですが、社内ではそんな話はまったく流れていませんし、大統領選出馬の可能性についてはコメントのしようがありません」(日産広報部)

 ゴーン氏がレバノン大統領とは突拍子もない話のように感じるが、この質問が出たのには理由がある。
 レバノンでは、事実上の大統領空位が続いているのだ。08年に就任したミシェル・スライマーン大統領が今年5月25日に任期を終えたため、新たな大統領を選出する国民議会が開かれたが、どの候補も法定数を獲得できず、5回も選挙が無効となった。それで、国連安全保障理事会が大統領選任を急ぐよう求める議長声明を出す事態になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る