当選確実? 日産ゴーン社長「レバノン大統領転身」の現実味

公開日: 更新日:

「レバノンの大統領になる気はあるか?」――。
 これは17日午前、外国特派員協会(FCCJ)で行われた日産自動車カルロス・ゴーンCEO(60)の講演で飛び出した質問だ。
 ゴーン氏は「私が貢献できるのは今のポストだ」と答えたが、大統領選への出馬を明確に否定はしなかった。

「FCCJでそういうご質問が出たことは確かですが、社内ではそんな話はまったく流れていませんし、大統領選出馬の可能性についてはコメントのしようがありません」(日産広報部)

 ゴーン氏がレバノン大統領とは突拍子もない話のように感じるが、この質問が出たのには理由がある。
 レバノンでは、事実上の大統領空位が続いているのだ。08年に就任したミシェル・スライマーン大統領が今年5月25日に任期を終えたため、新たな大統領を選出する国民議会が開かれたが、どの候補も法定数を獲得できず、5回も選挙が無効となった。それで、国連安全保障理事会が大統領選任を急ぐよう求める議長声明を出す事態になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    囁かれる長澤まさみの「マスカレード」続編降板説 2作で興収100億円突破もキムタクが苦手?

    囁かれる長澤まさみの「マスカレード」続編降板説 2作で興収100億円突破もキムタクが苦手?

  2. 2
    元迷惑YouTuberへずまりゅう氏 刑事裁判控訴中なのに選挙に出られるのはなぜ?

    元迷惑YouTuberへずまりゅう氏 刑事裁判控訴中なのに選挙に出られるのはなぜ?

  3. 3
    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

  4. 4
    iPhone13は高嶺の花すぎる…“型落ち”を狙うなら何がオススメ?

    iPhone13は高嶺の花すぎる…“型落ち”を狙うなら何がオススメ?

  5. 5
    眞子さまが「小室圭さんの夫人」になる天皇家はこれからどうなるのか

    眞子さまが「小室圭さんの夫人」になる天皇家はこれからどうなるのか

もっと見る

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    安住紳一郎アナ投入でトップ奪取を狙うTBS 標的はNHK「おはよう日本」の桑子真帆アナ

    安住紳一郎アナ投入でトップ奪取を狙うTBS 標的はNHK「おはよう日本」の桑子真帆アナ

  3. 8
    大阪3歳児殺害 23歳同居男による残虐極まりない行為と母親の“洗脳”

    大阪3歳児殺害 23歳同居男による残虐極まりない行為と母親の“洗脳”

  4. 9
    緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?

    緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?

  5. 10
    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)

    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)