首相の帰京後も最後までゴルフ…茂木経産相の危機管理意識

公開日: 更新日:

 衆参両院の災害対策特別委員会は25日、広島市の大規模土砂災害についての閉会中審査を28日に開くことを決めた。

 野党側は安倍首相のゴルフ強行による政府の初動態勢の遅れなどをただす方針だが、フザケたゴルフ閣僚は安倍首相だけではない。一緒にラウンドし、安倍首相のプレー断念後もゴルフを満喫し続けた茂木敏充経産相も大問題だ。

「茂木大臣は安倍首相が午前中に官邸に向かった後も最終18番ホールまでプレーし、午後3時ごろにゆっくりとゴルフ場を後にしました。プレー中は終始、笑顔でしたね」(経産相担当記者)

 茂木は災害の担当閣僚ではないとタカをくくっていたのだろう。

 しかし、今回の災害は、政府が復旧事業などについて財政支援する「激甚災害」に指定される見通しだ。指定は激甚災害法に基づき、閣議決定を経て実施される。閣僚である以上、茂木も決して無関係ではないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  3. 3

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  4. 4

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  7. 7

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  8. 8

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  9. 9

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  10. 10

    ジャパンライフと政界、マスコミ、警察の結託…腐った構造

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る