• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「八百屋のよっちゃん」望月義夫環境相 “庶民派”でも懐ホカホカ

■望月義夫環境相(67=静岡4区、当選6回)

「良く言えば、手堅い。悪く言えば、地味すぎる」(永田町関係者)

 当選6回で今回が初入閣。「金目」発言で墓穴を掘った前任の石原伸晃とは違って、何事も慎重に物事を進めるタイプだという。

 生まれ故郷の清水市議を経て、静岡県議から国政と階段を上り、初の大臣にたどり着いた。

「望月さんは宏池会のドン古賀誠さんに近い。古賀さんと犬猿の仲の谷垣(禎一)さんを幹事長にした手前、安倍首相が古賀さんに気を使って、宏池会の事務総長だった望月さんを選んだそうです。ほかに適当な人材もいなくて、ラッキーだったということでしょう」(自民党関係者)

 清水市の商店街の八百屋の次男に生まれた。清水東高から中大法学部に進学。卒業後は、地元国会議員の秘書を務め、27歳の時に清水市議に初当選した。市議4期、静岡県議2期を経て、96年の衆院選に初挑戦した時は自民党から公認を得られず、無所属で立候補。当選後、自民党へ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る