デタラメ政治資金でも小渕優子氏「当確一番乗り」の仰天理由

公開日: 更新日:

 共産以外の野党が候補を立てられない選挙区が多過ぎて、自民はすでに“当選確実”がゴロゴロいる。中でも投票締め切りの午後8時と同時に真っ先に「当確」が出るといわれているのが、群馬5区の小渕優子前経産相である。

 政治資金のデタラメ問題で、経産大臣就任から1カ月半で辞任に追い込まれた小渕氏。地元の市民オンブズマンから公選法違反で告発されたばかりでなく、先月末には観劇ツアーが旅行業法違反に当たるとして告発された。「政治とカネ」の疑惑まみれの“戦犯”が、最も早く「当確」とは驚くが、その理由もビックリ仰天だ。

「有権者に聞くと<観劇ツアーに参加したから><ワインをもらったから>といった理由で小渕さんの人気は今でも高いのです。地域で彼女を守ろうとする意思が感じられますね」(地元記者)

■地元にベタ張りが奏功

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  7. 7

    GoToトラベル人件費 事務局長「日当7万円」SNSトレンドに

  8. 8

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  9. 9

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  10. 10

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

もっと見る