CIA顔負け オバマvs金正恩サイバー戦争エスカレート

公開日:  更新日:

 米政府がソニー・ピクチャーズへの大規模なサイバー攻撃を、北朝鮮の仕業だと断定したが、その技術レベルの高さにFBIやCIAも舌を巻いている。北朝鮮といえば、食糧に困るほどの最貧国。ところが、サイバー攻撃については、30年近く前からコンピューター専門要員を育成し、核兵器やミサイルと並ぶ戦力として、技術力を高めてきたという。

「ハッカーを養成する『金一軍事大学』が設立されたのが1986年です。当時は米国防総省の機密文書の暗号解読を行っていました。その後、1990年代に年間100人の技術者の育成を始め、1995年に労働党作戦部傘下に専門のハッカー部隊を創設した。2009年には組織改編で工作機関・偵察総局の傘下に入りました。幼稚園時から頭のいい子を選んで英才教育していますから、北朝鮮のサイバー技術は米CIAと同レベルにまで達しています」(拓殖大客員研究員で元韓国国防省北韓分析官・高永喆氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る