「復興事業」首相視察は成功例ばかり…現実は3兆円分失敗に

公開日: 更新日:

 国の復興事業の1割以上が大失敗――。そんな惨状が会計検査院の調査で浮き彫りとなった。

 検査院が2日、公表した復興事業の実施状況に関する調査結果によると、11~13年度の国の復興予算約25兆1000億円のうち、今後の使用が見込めず「不用」となった金額が約3兆円にも上った。つまり、復興事業の12%がムダに終わったのだ。

 特に不用額が膨らんだのは(1)内閣府の被災者生活再建支援金補助事業(約1400億円=11年度2次補正)(2)農水省の被災した漁港等の災害復旧事業(約1188億円=11年度3次補正)(3)環境省の放射能汚染土壌の除染支援事業(約1002億円=11年度3次補正)――だ。(1)は居住地の復興がそもそも遅れているため、被災者からの支援金申請が少なかったこと。(2)と(3)は地元との調整が進まなかったのが主な失敗の要因である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  2. 2

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る