「誰が漏らしたのか」 中山副大臣が外務省内で“犯人捜し”の愚

公開日:  更新日:

 過激組織「イスラム国」による日本人人質殺害事件から2カ月。現地対策本部長を務めながら、右往左往するだけだった中山泰秀・外務副大臣(44)に、またもや外務省が振り回されている。

 事件当時、中山氏は現地の「お荷物」以外の何ものでもなかった。すぐにパニックに陥って職員を怒鳴りつけたり、食事に不満がたまると、日本の事務所に「米を送れ」と命令したり。その一方で、自己宣伝には熱心で中山氏のフェイスブックには自身の映ったニュース番組をアップ。野党議員に国際電話をかけ、テレビに出ていることを自慢したとも報じられた。

 事件後、外務省中東局の職員らが「やっと“お守り”から解放された」と思ったのも束の間。日刊ゲンダイ本紙以下、週刊誌などが中山氏の無能ぶりを報じたことに腹を立て、「誰が情報を漏らしたのか」と犯人捜しに血眼になっているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る