テレ朝幹部は「いい機会になった」…自民党調査会に事情説明

公開日: 更新日:

 17日午前、自民党の情報通信戦略調査会がNHKとテレビ朝日の経営幹部を党本部に呼んで事情を聴いた。

 NHKは「クローズアップ現代」でやらせが指摘されており、テレ朝は3月27日放送の「報道ステーション」がヤリ玉にあがっている。コメンテーターだった元経産官僚の古賀茂明氏が自身の降板について「官邸の皆さんからバッシングを受けてきた」と発言し、菅官房長官が「事実無根」と問題視したのだ。

 冒頭、調査会会長の川崎二郎元厚労相は「真実が曲げられて放送された可能性がある」と切り出した。この日、出席したのはNHKの堂元光副会長とテレ朝の福田俊男専務ら経営幹部。聴取後、福田専務らテレ朝側は囲み取材に応じ、「経緯と事実関係を説明した。誤解が生じていたのでいい機会になった」と述べた。

 しかし、個別の番組について、政権与党がテレビ局に直接説明を求めるのは異例中の異例。民主党は「一歩間違えば報道の自由を大きく脅かす」(高木義明国会対策委員長)と批判している。当のメディア幹部がホイホイ呼び出しに応じて、「いい機会」なんてどうかしている。この国の言論は危ういのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  3. 3

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  4. 4

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  5. 5

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  8. 8

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    どうする渋野 来季米ツアー切符「3つの方法」はすべて難関

もっと見る