テレ朝幹部は「いい機会になった」…自民党調査会に事情説明

公開日:  更新日:

 17日午前、自民党の情報通信戦略調査会がNHKとテレビ朝日の経営幹部を党本部に呼んで事情を聴いた。

 NHKは「クローズアップ現代」でやらせが指摘されており、テレ朝は3月27日放送の「報道ステーション」がヤリ玉にあがっている。コメンテーターだった元経産官僚の古賀茂明氏が自身の降板について「官邸の皆さんからバッシングを受けてきた」と発言し、菅官房長官が「事実無根」と問題視したのだ。

 冒頭、調査会会長の川崎二郎元厚労相は「真実が曲げられて放送された可能性がある」と切り出した。この日、出席したのはNHKの堂元光副会長とテレ朝の福田俊男専務ら経営幹部。聴取後、福田専務らテレ朝側は囲み取材に応じ、「経緯と事実関係を説明した。誤解が生じていたのでいい機会になった」と述べた。

 しかし、個別の番組について、政権与党がテレビ局に直接説明を求めるのは異例中の異例。民主党は「一歩間違えば報道の自由を大きく脅かす」(高木義明国会対策委員長)と批判している。当のメディア幹部がホイホイ呼び出しに応じて、「いい機会」なんてどうかしている。この国の言論は危ういのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る