• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新規上場企業に次々問題 「IPO銘柄」は今後も“買い”なのか

 2倍、3倍に跳ね上がることから「お宝株」と呼ばれる新規上場銘柄(IPO銘柄)。個人投資家の人気は高く、権利を入手するための競争率が100倍以上になるケースも多い。

 昨年、値上がりしたIPO銘柄は60、値下がりは15。全社ベースの上昇率は91%と、かりに100万円を投資したら191万円となって返ってきた計算である。2015年は、90社前後がIPOする予定だ。

 しかし、IPOブームは終焉を迎えるかもしれない。新規上場した企業から次々と問題が発覚しているからだ。

 さすがに国会でも問題になりそうだ。民主党の大久保勉参院議員は、金融庁に対して「gumi」「ジャパンディスプレイ」「OATアグリオ」「ANAP」「フルッタフルッタ」の5銘柄について調査を要請する予定だ。

「名指しされた5社は、上場した後に業績を下方修正し、株価が急落するなど、問題視されている会社ばかりです。さすがに市場関係者からも、主幹事証券の審査態勢が甘かったのではないかと疑いの目で見られています。とくにgumiの幹事社だった野村証券への風当たりは強い。結果的に顧客に大損させたわけですからね」(市場関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

もっと見る