新規上場企業に次々問題 「IPO銘柄」は今後も“買い”なのか

公開日:  更新日:

 2倍、3倍に跳ね上がることから「お宝株」と呼ばれる新規上場銘柄(IPO銘柄)。個人投資家の人気は高く、権利を入手するための競争率が100倍以上になるケースも多い。

 昨年、値上がりしたIPO銘柄は60、値下がりは15。全社ベースの上昇率は91%と、かりに100万円を投資したら191万円となって返ってきた計算である。2015年は、90社前後がIPOする予定だ。

 しかし、IPOブームは終焉を迎えるかもしれない。新規上場した企業から次々と問題が発覚しているからだ。

 さすがに国会でも問題になりそうだ。民主党の大久保勉参院議員は、金融庁に対して「gumi」「ジャパンディスプレイ」「OATアグリオ」「ANAP」「フルッタフルッタ」の5銘柄について調査を要請する予定だ。

「名指しされた5社は、上場した後に業績を下方修正し、株価が急落するなど、問題視されている会社ばかりです。さすがに市場関係者からも、主幹事証券の審査態勢が甘かったのではないかと疑いの目で見られています。とくにgumiの幹事社だった野村証券への風当たりは強い。結果的に顧客に大損させたわけですからね」(市場関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る