日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
小林節
著者のコラム一覧
小林節慶応大名誉教授

1949年生まれ。都立新宿高を経て慶大法学部卒。法学博士、弁護士。米ハーバード大法科大学院のロ客員研究員などを経て慶大教授。現在は名誉教授。「朝まで生テレビ!」などに出演。憲法、英米法の論客として知られる。14年の安保関連法制の国会審議の際、衆院憲法調査査会で「集団的自衛権の行使は違憲」と発言し、その後の国民的な反対運動の象徴的存在となる。「白熱講義! 日本国憲法改正」など著書多数。

<第2回>自民党は徴兵制はあり得ないというが信じられない

「安保法制は違憲」の世論の広がりに賛成派は一問一答形式の反論集を作り、正当性を主張している。そのひとつひとつを小林氏が論破する。

【論点5】
[問]新安保法制は日本国民を「戦地」に送り込む道である。
[答]支援対象となる他国軍が「現に戦闘行為を行っている現場」では後方支援は行わない。

◇反論
 確かに戦闘休止中、「後方支援」(輸送、救出、通信、補給、修理、給食、治療等)を行うことになっている。しかし、戦闘再開時に帰ってくることはかなわぬ以上、他国軍に後ろから合流して戦争に参加する仕組みになっている。

【論点6】  
[問]新安保法制の下では自衛隊から初めての戦死者が出る。すると、隊員のなり手がいなくなり、徴兵制が復活する。
[答]現行憲法18条(その意に反する苦役からの自由)がある以上、徴兵制はあり得ない。自民党新憲法草案でもこの点は継承されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事