トヨタ4年ぶり首位陥落…鮮明になった消費増税の重いツケ

公開日:  更新日:

 安倍政権もいよいよ崩壊が近そうだ。安保法案同様、国民の猛反対を押し切って踏み切った消費増税の影響が鮮明になってきた。

 28日、トヨタ自動車が上半期の世界販売台数を発表したが、4年ぶりに首位から陥落。独フォルクスワーゲンにトップの座を譲り渡した。理由はハッキリしている。昨年4月の消費増税だ。米国や中国、インドなど海外販売は順調なのに、国内が前年同期比9.7%も減らし、足を引っ張った。

 消費増税のダメージで販売不振にあえいでいるのはトヨタだけではない。今年上半期の国内の新車販売は11.0%も減った。バイク(小型2輪)も38.8%減(今年3月の前年同期比)、薄型テレビも7.8%減、(同6月)外食も2.3%減(同)……と、ことごとくモノが売れなくなっている。

 経済ジャーナリストの井上学氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る