トヨタ4年ぶり首位陥落…鮮明になった消費増税の重いツケ

公開日:  更新日:

 安倍政権もいよいよ崩壊が近そうだ。安保法案同様、国民の猛反対を押し切って踏み切った消費増税の影響が鮮明になってきた。

 28日、トヨタ自動車が上半期の世界販売台数を発表したが、4年ぶりに首位から陥落。独フォルクスワーゲンにトップの座を譲り渡した。理由はハッキリしている。昨年4月の消費増税だ。米国や中国、インドなど海外販売は順調なのに、国内が前年同期比9.7%も減らし、足を引っ張った。

 消費増税のダメージで販売不振にあえいでいるのはトヨタだけではない。今年上半期の国内の新車販売は11.0%も減った。バイク(小型2輪)も38.8%減(今年3月の前年同期比)、薄型テレビも7.8%減、(同6月)外食も2.3%減(同)……と、ことごとくモノが売れなくなっている。

 経済ジャーナリストの井上学氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る