増税分は節約で取り戻せ 「8%奪還作戦」こんなにあった!

公開日: 更新日:

 運輸大手に勤務するSさん(56)は、近ごろ、後輩たちの行動力をちょっと羨ましく思っている。Sさんの部署がある3階フロアには同僚70人余りが机を並べる。そこで昨年4月の消費増税以降、社員の間で“節約生活”が流行中なのだ。

「40歳前後の既婚社員3~4人で始めて暮れには20人余りに。オトクな情報を持ち寄って節約に励んでいます。“8%奪還作戦”とか言って、楽しそう。私も参加しようかと思ってます」

 実は昨年、Sさんは役職定年を迎え、部下ナシの担当部長となった。年収は2割ほど下がったという。8%奪還作戦に参加するのは、この影響が大きい様子だ。

 後輩たちがどんなことをやっているのか、Sさんが言うには――。

(1)弁当デー
 毎週、月曜日を「弁当デー」として独身者もマイ弁当を持ってくる。昼メシは会議室で一緒に。外食では最低800円程度かかるため、「昼メシ代が週の5分の1は浮く」(30代妻帯者)そうだ。秋以降、定着してきて、女性も含め10人ほどが実行中。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大内裕和氏 民間背後の教育改革は格差拡大の失敗繰り返す

  2. 2

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    羽賀研二vs梅宮アンナ“平成のバカップル”騒動が完全決着

  5. 5

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  6. 6

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  7. 7

    上場を目指す企業が入居ビルを適当に選んではいけない理由

  8. 8

    51歳でも2時間“歌って踊れる” 元CHA-CHA木野正人さんは今

  9. 9

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  10. 10

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る