増税分は節約で取り戻せ 「8%奪還作戦」こんなにあった!

公開日:  更新日:

 運輸大手に勤務するSさん(56)は、近ごろ、後輩たちの行動力をちょっと羨ましく思っている。Sさんの部署がある3階フロアには同僚70人余りが机を並べる。そこで昨年4月の消費増税以降、社員の間で“節約生活”が流行中なのだ。

「40歳前後の既婚社員3~4人で始めて暮れには20人余りに。オトクな情報を持ち寄って節約に励んでいます。“8%奪還作戦”とか言って、楽しそう。私も参加しようかと思ってます」

 実は昨年、Sさんは役職定年を迎え、部下ナシの担当部長となった。年収は2割ほど下がったという。8%奪還作戦に参加するのは、この影響が大きい様子だ。

 後輩たちがどんなことをやっているのか、Sさんが言うには――。

(1)弁当デー
 毎週、月曜日を「弁当デー」として独身者もマイ弁当を持ってくる。昼メシは会議室で一緒に。外食では最低800円程度かかるため、「昼メシ代が週の5分の1は浮く」(30代妻帯者)そうだ。秋以降、定着してきて、女性も含め10人ほどが実行中。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る