• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

増税分は節約で取り戻せ 「8%奪還作戦」こんなにあった!

 運輸大手に勤務するSさん(56)は、近ごろ、後輩たちの行動力をちょっと羨ましく思っている。Sさんの部署がある3階フロアには同僚70人余りが机を並べる。そこで昨年4月の消費増税以降、社員の間で“節約生活”が流行中なのだ。

「40歳前後の既婚社員3~4人で始めて暮れには20人余りに。オトクな情報を持ち寄って節約に励んでいます。“8%奪還作戦”とか言って、楽しそう。私も参加しようかと思ってます」

 実は昨年、Sさんは役職定年を迎え、部下ナシの担当部長となった。年収は2割ほど下がったという。8%奪還作戦に参加するのは、この影響が大きい様子だ。

 後輩たちがどんなことをやっているのか、Sさんが言うには――。

(1)弁当デー
 毎週、月曜日を「弁当デー」として独身者もマイ弁当を持ってくる。昼メシは会議室で一緒に。外食では最低800円程度かかるため、「昼メシ代が週の5分の1は浮く」(30代妻帯者)そうだ。秋以降、定着してきて、女性も含め10人ほどが実行中。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る