• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

消費増税分にも満たず 官製春闘「賃上げラッシュ」のマヤカシ

 安倍政権の賃上げ要請を受け、大企業は次々とベースアップ(ベア)に踏み切っている。トヨタ自動車が月額4000円、日立製作所3000円――。経営側は「大盤振る舞い」と胸を張り、大メディアは「過去最高水準の賃上げ」とはやし立てる。

 政府主導の官製春闘だとはいえ、サラリーマンにとって給与増は大歓迎だ。小遣いアップを期待する人もいそうだが、実はこの程度の賃上げは焼け石に水でしかない。

 連合の集計(3月20日)によると今春闘の賃上げ額は、定期昇給を含めて月額7497円。ベア分は2466円だ。

「定昇は、どん底不況にでもならない限り、毎年確実に実施されます。だから、実質的な賃上げはベア分の年間3万円弱。家計が楽になると思ったら大間違いです」(市場関係者)

 賃上げラッシュで影を潜めてしまったが、昨年4月の消費増税で家計は大打撃を受けた。静岡大学名誉教授の土居英二氏の試算によると、平均家庭で8万5000円の負担増。ベア分ではまるで足りないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  6. 6

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  7. 7

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

  8. 8

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

もっと見る