米大統領選 “差別発言”連発のトランプ氏が人気トップのワケ

公開日:  更新日:

 アメリカの大統領選に異変が起きている。泡沫だとみられていたアメリカの大富豪、ドナルド・トランプ氏(69)が共和党候補の“大本命”に躍り出ているのだ。差別発言を吐くたびに支持率がアップする異常事態になっている。

 発言の内容がすごい。「メキシコ人は強姦犯だ」と決めつけ、不法移民を締め出すために「国境に万里の長城を築く」との“公約”まで口にした。ある集会でライバルのランド・ポール上院議員から批判された時は「彼は私からたくさんのカネをもらったが」と反撃した。ベトナム戦争で捕虜になり拷問を受けたマケイン上院議員を「彼は捕まったから英雄になれた。私は捕虜にならなかった人のほうが好き」と揶揄したこともある。

 2400万人がテレビを見た6日の討論会では女性蔑視発言を追及した女性キャスターに「彼女の目とかそういったところから血が出ていた」と反撃。女性キャスターの追及に生理が関係していたとの嫌み発言と受け取られ、トランプ氏は8日の南部アトランタの共和党集会から締め出されてしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る