米大統領選 “差別発言”連発のトランプ氏が人気トップのワケ

公開日: 更新日:

 アメリカの大統領選に異変が起きている。泡沫だとみられていたアメリカの大富豪、ドナルド・トランプ氏(69)が共和党候補の“大本命”に躍り出ているのだ。差別発言を吐くたびに支持率がアップする異常事態になっている。

 発言の内容がすごい。「メキシコ人は強姦犯だ」と決めつけ、不法移民を締め出すために「国境に万里の長城を築く」との“公約”まで口にした。ある集会でライバルのランド・ポール上院議員から批判された時は「彼は私からたくさんのカネをもらったが」と反撃した。ベトナム戦争で捕虜になり拷問を受けたマケイン上院議員を「彼は捕まったから英雄になれた。私は捕虜にならなかった人のほうが好き」と揶揄したこともある。

 2400万人がテレビを見た6日の討論会では女性蔑視発言を追及した女性キャスターに「彼女の目とかそういったところから血が出ていた」と反撃。女性キャスターの追及に生理が関係していたとの嫌み発言と受け取られ、トランプ氏は8日の南部アトランタの共和党集会から締め出されてしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  6. 6

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  7. 7

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  8. 8

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  9. 9

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る