金正恩を激怒させた韓国「挑発スピーカー」の“攻撃能力”

公開日:  更新日:

 北朝鮮と韓国が互いを砲撃し合って緊張が高まっている。

 そもそもの原因は8月4日、北朝鮮が軍事境界線に仕掛けた地雷で韓国軍兵士2人が重傷を負ったこと。韓国側は10日から大型スピーカーで北朝鮮を非難する放送を開始。これに対して20日午後4時ごろ、北朝鮮が韓国西部の軍事境界線に2回にわたって砲撃を加え、韓国側は報復として29発を撃ち返した。

 北朝鮮と韓国が直接相手側の領域に砲弾を撃ち込むのは極めてまれなことだが、それより気になるのが北朝鮮を挑発したスピーカーだ。どれだけの“攻撃能力”を有しているのか。

「コリア・レポート」編集長の辺真一氏によると、韓国は東西248キロに延びる軍事境界線の30カ所に大型スピーカーを設置。そのうち現在11カ所が稼働しているという。

「拡声器を24個搭載したものから48個のものまであります。これを使って韓国は毎日夜中の1~5時、北朝鮮を非難する放送を続けるのです。われわれが接する選挙カーの拡声器は1、2個程度でも耳を押さえたくなる大音量。夜中に48個が一斉に声を発すると大変です。前線の北朝鮮兵士は情緒不安定やノイローゼになってしまいますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る