金正恩を激怒させた韓国「挑発スピーカー」の“攻撃能力”

公開日: 更新日:

 北朝鮮と韓国が互いを砲撃し合って緊張が高まっている。

 そもそもの原因は8月4日、北朝鮮が軍事境界線に仕掛けた地雷で韓国軍兵士2人が重傷を負ったこと。韓国側は10日から大型スピーカーで北朝鮮を非難する放送を開始。これに対して20日午後4時ごろ、北朝鮮が韓国西部の軍事境界線に2回にわたって砲撃を加え、韓国側は報復として29発を撃ち返した。

 北朝鮮と韓国が直接相手側の領域に砲弾を撃ち込むのは極めてまれなことだが、それより気になるのが北朝鮮を挑発したスピーカーだ。どれだけの“攻撃能力”を有しているのか。

「コリア・レポート」編集長の辺真一氏によると、韓国は東西248キロに延びる軍事境界線の30カ所に大型スピーカーを設置。そのうち現在11カ所が稼働しているという。

「拡声器を24個搭載したものから48個のものまであります。これを使って韓国は毎日夜中の1~5時、北朝鮮を非難する放送を続けるのです。われわれが接する選挙カーの拡声器は1、2個程度でも耳を押さえたくなる大音量。夜中に48個が一斉に声を発すると大変です。前線の北朝鮮兵士は情緒不安定やノイローゼになってしまいますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 2
    自民党総裁選を「野田聖子票」が撹乱 論戦で他候補をグサリ、安倍・麻生・岸田連合はビクビク

    自民党総裁選を「野田聖子票」が撹乱 論戦で他候補をグサリ、安倍・麻生・岸田連合はビクビク

  3. 3
    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

  4. 4
    自民党総裁選は1回目投票から「1位・岸田」の票読みまで飛び交い…河野陣営“甘すぎる皮算用”

    自民党総裁選は1回目投票から「1位・岸田」の票読みまで飛び交い…河野陣営“甘すぎる皮算用”

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

もっと見る

  1. 6
    「新しい地図」は“東方神起パターン”で地上波復活へ Eテレ登場で大賑わい!

    「新しい地図」は“東方神起パターン”で地上波復活へ Eテレ登場で大賑わい!

  2. 7
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  3. 8
    元祖“陰キャ”アイドル中川翔子が魅せた「36歳純白ビキニ」の底力 動画再生800万回突破!

    元祖“陰キャ”アイドル中川翔子が魅せた「36歳純白ビキニ」の底力 動画再生800万回突破!

  4. 9
    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

  5. 10
    森友問題「再調査しない」と断言する総裁候補3人は、赤木雅子さんの奮闘ぶりを知るべき

    森友問題「再調査しない」と断言する総裁候補3人は、赤木雅子さんの奮闘ぶりを知るべき