• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

作家・池澤夏樹氏が危惧「筋交いがない日本という家は潰れる」

新自由主義は「悲しい流しそうめん」

――9条のことだけでなく、95条(一の地方公共団体のみに適用される特別法は、法律の定めるところにより、その地方公共団体の住民の投票において、その過半数の同意を得なければ、国会はそれを制定することができない)も問題にされていますね。95条の精神によれば、沖縄に基地を造る以上、住民投票が必要なのに、そうしない。裁判所も司法判断を逃げてしまう。

 結局、全部が米国なんですよ。基地問題、安保法案、原発の後ろにも米国がいる。沖縄国際大学に米軍のヘリが落ちたときも、すぐに米兵がその場を封鎖してしまって、日本の警察は現場検証もできなかった。絶対におかしいのに、日本は地位協定の改定を申し入れない。ドイツも韓国も地位協定を変えているのに、日本はしない。この間、ウィキリークスが暴露した盗聴問題にしてもウヤムヤ決着ですから、ひどいものです。

――その米国は戦争することによって成り立っていると書かれていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

もっと見る