「都構想」経費31億円でも…橋下市長はW選で“再挑戦”のア然

公開日: 更新日:

 あれだけ莫大な税金を使っておきながら、また同じことを問うつもりなのか。

 5月に住民投票で否決された「大阪都構想」に、大阪府と大阪市で合わせて31億7852万円もの税金が使われていたことがわかった。

 大阪市が開示した資料によると、都構想の事務局に携わった「大阪府市大都市局」職員の人件費の総額が23億5494万円。5月17日の住民投票でかかった投開票所経費などが6億3496万円。さらに、住民説明会のパンフレット作製費などに1億5152万円、住民説明会関係経費に3160万円がかかっている。

 この事実を29日、朝日新聞が報じると、案の定、橋下徹大阪市長がツイッターで「都構想の制度設計にかかる費用は大阪都になればもちろん発生しない。朝日は比較して報じるべきだ」と噛みついた。


 メディアにケンカを売りながら注目を集め、世論を誘導していくやり方は橋下氏の常套手段。11月22日投開票のダブル選挙についても「これまでに類を見ない政権・政策選択選挙となるだろう」と、大げさにあおっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  4. 4

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  5. 5

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  6. 6

    マエケンから一発の大谷 球宴HR競争出場をハーパー後押し

  7. 7

    大谷の打撃をエ軍首脳陣“放任”へ 凡打での助言が今季激減

  8. 8

    焼き肉業界に足かけ7年 元ロッテ藤田宗一さんの第二の人生

  9. 9

    ソニーだけが1000万円超え 大手電機8社の「平均給与」は

  10. 10

    あのスルガは801万円の厚遇 銀行の「平均給与」ランク

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る