「同性愛者は異常動物」の暴言…海老名市議の“表と裏の顔”

公開日: 更新日:

 ツイッターに「同性愛者は異常動物」と差別発言を書き込んで炎上中の神奈川・海老名市の鶴指眞澄市議(71)。「酒に酔って、ふざけ半分で掲載してしまった」と言い訳しているが、一体どんな人物なのか。

 鶴指市議は海老名市出身。地元の県立高校から、明大政経学部に進学した。卒業後は三菱UFJ銀行に就職。その後、市議に転じて現在3期目だ。昨年まで副議長も務めた。同僚の市会議員によると、「かながわ自民党市町村議員協議会」に所属し、選挙の際には地元選出の甘利経済再生相も応援に駆け付けている。議会での評判は悪くないようだ。

「これまでに議場で問題発言や過激な話を聞いたことがなかったので、今回の騒動は驚いていますね。紳士的な方で、特に悪い印象はありませんでした」(海老名市議)

 ただ、議会とネット上での“顔”は違う。今回の件に限らず、鶴指市議の過去のツイッターの書き込みをさかのぼると、とても紳士的とは思えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

もっと見る