• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ついに銃撃事件 “6代目vs神戸”山口組「全面抗争」突入へ

 先週、新宿・歌舞伎町のど真ん中で6代目山口組と神戸山口組が激突し、“流血騒動”が起きたばかりだが、ついに全面戦争が始まった。23日、神戸側の「正木組」(福井県敦賀市)の事務所にリボルバー式拳銃の実弾5発が撃ち込まれ、2階の窓ガラスと駐車していた車のフロントガラスが割られたのだ。銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕されたヒットマンは6代目側の暴力団員、山本敏行容疑者(38)。これまでの小競り合いとは大きさが違い、今回の事件は完全な“抗争”だ。

「正木組の正木年男組長は神戸山口組の『総本部長』の肩書を持つ大幹部です。組長は昨年8月の山口組の分裂劇で、6代目側の幹部を神戸側に何人も寝返らせ、中核を担うような働きをしたといわれています。6代目側はそんな因縁の相手である正木組長の事務所に向かってチャカをブッ放した。こうなると、ヤクザのメンツにかけて神戸側も一歩も引けなくなる。これまでのように、にらめっこするだけの“示威行動”では済まなくなる。激しい報復の連鎖が始まるでしょう」(捜査関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る