• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

報復の連鎖…山口組「全面戦争」で東京が修羅場になる日

「6代目山口組」と「神戸山口組」の全面抗争が時間の問題となってきた。その大きな火ダネとなりそうなのが27日に埼玉県八潮市で起きた銃弾撃ち込み事件。いわゆる“カチコミ”だ。

 午後9時半ごろ、同市の住宅街に住む神戸山口組系組織のA組長(67)の自宅に複数の銃弾が撃ち込まれた。埼玉県警は6代目側と神戸側の対立が背景にあるとみて捜査しているが、実はこの日、神奈川県でもハデな事件が起きていた。ジャーナリストの鹿島一男氏が言う。

「27日未明、厚木市にある6代目山口組系の事務所に2トントラックが突っ込んだのです。けが人は出なかったものの現場には警官も駆けつけた。誰が運転していたかは不明です」

 A組長は神戸山口組の幹部で東京の最高責任者。自宅が狙われたのは厚木の報復だったのか。銃撃の約2時間半後の午後11時50分ごろには、東京・足立区の団地敷地内でも50代の神戸山口組系組員がクルマから降りた際、複数の男らに暴行される事件が起きた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  7. 7

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る