中村竜太郎
著者のコラム一覧
中村竜太郎ジャーナリスト

1964年生まれ。大学卒業後、会社員を経て、95年から週刊文春で勤務。政治から芸能まで幅広いニュースを担当し、「NHKプロデューサー巨額横領事件」(04年)、「シャブ&ASKA」(14年)など数々のスクープを飛ばす。「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」では歴代最多、3度の大賞を受賞。2014年末に独立し、現在は月刊文藝春秋などで執筆中。フジテレビ「みんなのニュース」のレギュラーコメンテーター。

<第3回>「同じ車両にいたんです。牧さんは私の斜め向かいに座っていました」

公開日: 更新日:

 田園都市線の目撃情報探しを連日続けていたが、有力な情報は得られなかった。警察が配布した手配チラシにはジャージー姿などの服装は描いてあったが、顔はなかった。始発から終電までずっと聞き込むのは肉体的にもつらい。何度もやめたいという衝動が出てくるが、それは仕事を放棄するのと同じだ。歯…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  4. 4

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  7. 7

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  8. 8

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

  9. 9

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  10. 10

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

もっと見る