審査員に“戦犯”の影 新五輪エンブレムまた出来レース懸念

公開日: 更新日:

 東京五輪の新たなエンブレムの最終候補4作品が8日、発表されるが、「サノケンの受賞ありきの出来レース」「審査員は身内だらけの密室審議」と猛批判を浴びた前回コンペの教訓を、大会組織委員会は生かそうとしていない。

 選定を担うエンブレム委員会の構成メンバーには、ある人物の影が色濃くにじむ。日本グラフィックデザイン界の重鎮である永井一正氏(86)――。前回の審査員代表を務め、旧エンブレム選考過程の調査報告書で「隠れシード」の不正投票を行ったと指摘された。

 いわば前回コンペを台無しにした張本人なのだが、委員会のメンバーを見ると、永井氏と関係の深い人物ばかり。全21人のうち5人のデザインのプロは皆、永井氏の息のかかった人物なのである。

「委員長で文化庁長官の宮田亮平氏は金属工芸が専門で、デザインは門外漢。ソフトバンク王貞治球団会長や元プロテニス選手の杉山愛さんらスポーツ界の代表も、ズブの素人です。デザインのプロが最終審査をリードするのは間違いありません」(デザイン業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

  2. 2
    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

  3. 3
    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

もっと見る

  1. 6
    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

  2. 7
    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

  3. 8
    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

  4. 9
    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

  5. 10
    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号

    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号