審査員に“戦犯”の影 新五輪エンブレムまた出来レース懸念

公開日: 更新日:

 東京五輪の新たなエンブレムの最終候補4作品が8日、発表されるが、「サノケンの受賞ありきの出来レース」「審査員は身内だらけの密室審議」と猛批判を浴びた前回コンペの教訓を、大会組織委員会は生かそうとしていない。

 選定を担うエンブレム委員会の構成メンバーには、ある人物の影が色濃くにじむ。日本グラフィックデザイン界の重鎮である永井一正氏(86)――。前回の審査員代表を務め、旧エンブレム選考過程の調査報告書で「隠れシード」の不正投票を行ったと指摘された。

 いわば前回コンペを台無しにした張本人なのだが、委員会のメンバーを見ると、永井氏と関係の深い人物ばかり。全21人のうち5人のデザインのプロは皆、永井氏の息のかかった人物なのである。

「委員長で文化庁長官の宮田亮平氏は金属工芸が専門で、デザインは門外漢。ソフトバンク王貞治球団会長や元プロテニス選手の杉山愛さんらスポーツ界の代表も、ズブの素人です。デザインのプロが最終審査をリードするのは間違いありません」(デザイン業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  8. 8

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  9. 9

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る