若林亜紀
著者のコラム一覧
若林亜紀ジャーナリスト

1965年生まれ。慶大法学部政治学科卒業。厚労省の研究所(現独立行政 法人労働政策研究・研修機構)で10年働き課長代理となるが、次第に天下りと公金 浪費のからくりに気づき、01年、週刊朝日に内部告発をして退職、ジャーナリスト に転じる。『ホージンノススメー特殊法人職員の優雅で怠惰な生活日誌』(朝日新聞 社)ほか著書10冊。テレビ、ラジオなどにも出演多数。

<第1回>メーンバンク筋は事もなげに「皆そうしています」

公開日: 更新日:

 パナマ文書が国際社会を揺るがしています。タックスヘイブンでの法人設立を代行する中米・パナマの法律事務所の顧客リストが大量流出。隠し財産がばれて、世界中の権力者やセレブたちは大慌てです。

 私はお金のないジャーナリストですが、実はかつてパナマにペーパーカンパニーをつくり、役員に納まっていたことがあります。もしかしたら疑惑の「パナマ文書」にも名前が出ているかもしれません。

 これから数回にわたって、当時の経験譚を書かせていただきます。

 あれは1990年ごろ。日本全体がまだバブル景気に浮かれていた時のことです。私は大手建設会社のOLでした。

 その年、系列の金融子会社に出向となり、資産運用の仕事を担当することになりました。メーンバンクから天下ってきた取締役が指南役です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  5. 5

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  6. 6

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  7. 7

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  8. 8

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  9. 9

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

  10. 10

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

もっと見る