• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ザハ氏死去後に何が? 新国立「著作権交渉」でJSCが弱気

 突然の弱気発言が波紋を広げている。日本スポーツ振興センター(JSC)が月1回ペースで開く新国立競技場の整備についての定例説明会。22日に4月分が開かれたが、出席した新競技場設置本部長の池田貴城JSC理事の説明内容が臆測を呼んでいる。

 毎回、先月末に死去した建築家・ザハ・ハディド氏との旧デザイン監修契約の精算手続きの交渉状況を問われても、池田氏の答えは「具体的な交渉内容は言えない」の一点張り。ところが、この日は違った。

「著作権について司法の場で争われる可能性はゼロとは言えない」「建築差し止めの仮処分申請の恐れもなくはない」「仮処分を申請されても、差し止めが認められないように我々の主張を説明していく」

 口調はミョーに弱々しく、まるで訴訟が差し迫っているかのような発言にも聞こえた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

もっと見る