• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ザハ氏死去後に何が? 新国立「著作権交渉」でJSCが弱気

 突然の弱気発言が波紋を広げている。日本スポーツ振興センター(JSC)が月1回ペースで開く新国立競技場の整備についての定例説明会。22日に4月分が開かれたが、出席した新競技場設置本部長の池田貴城JSC理事の説明内容が臆測を呼んでいる。

 毎回、先月末に死去した建築家・ザハ・ハディド氏との旧デザイン監修契約の精算手続きの交渉状況を問われても、池田氏の答えは「具体的な交渉内容は言えない」の一点張り。ところが、この日は違った。

「著作権について司法の場で争われる可能性はゼロとは言えない」「建築差し止めの仮処分申請の恐れもなくはない」「仮処分を申請されても、差し止めが認められないように我々の主張を説明していく」

 口調はミョーに弱々しく、まるで訴訟が差し迫っているかのような発言にも聞こえた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る