出来レースか 自民党「オープンエントリー」の怪しい内幕

公開日: 更新日:

 自民党が参院選の公認候補をネット投票で選ぶ「オープンエントリー」の結果が11日、発表された。最終選考に残った候補者12人のうち、作家の伊藤洋介氏(52)が比例候補に選ばれたのだが、早くも「出来レース」との声が漏れ始めている。

 458人が応募した「オープンエントリー」を取り仕切った茂木敏充選対委員長は「民進党のロゴ公募よりも票が集まり、うまくいった」と自画自賛していたが、実際の中身はヒドイものだったという。自民党関係者が明かす。

「オープンエントリーは公職選挙法にのっとる─―という規則で選挙を行ったのですが、カネや贈り物が飛び交っているのではないかと“黒い噂”が絶えませんでした。トップの伊藤さんは安倍昭恵夫人のお気に入りといわれています。昭恵夫人が勤めていた森永製菓と関係があり、早い段階で『当確』が出ていました。2013年の参院選にも出馬していて、昭恵夫人が応援していました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  6. 6

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  7. 7

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  8. 8

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  9. 9

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

  10. 10

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

もっと見る