高橋乗宣
著者のコラム一覧
高橋乗宣エコノミスト

1940年広島生まれ。崇徳学園高から東京教育大(現・筑波大)に進学。1970年、同大大学院博士課程を修了。大学講師を経て、73年に三菱総合研究所に入社。主席研究員、参与、研究理事など景気予測チームの主査を長く務める。バブル崩壊後の長期デフレを的確に言い当てるなど、景気予測の実績は多数。三菱総研顧問となった2000年より明海大学大学院教授。01年から崇徳学園理事長。05年から10年まで相愛大学学長を務めた。

英EU離脱 ただ傍観の政権では歴史の激流にのみ込まれる

公開日:  更新日:

 やはり、めったなことは言うべきではない。消費増税の先送りのため、安倍首相が5月の伊勢志摩サミットで唐突に繰り出した「詭弁」が、まさか現実になろうとは。

 サミット議長の「世界経済はリーマン・ショック前の状況に似ている」との認識表明は「ネガティブ過ぎる」と欧米メディアの失笑を買ったが、今や世界中の金融市場は英EU離脱ショックで大パニックに陥っている。

 こと東京市場に限ると、離脱が決まった24日の円相場はたった1日で1ドル=106円台から一気に100円台を突破。2年7カ月ぶりに99円台をつけた。平均株価は前日比1286円安と大幅に下落し、その下げ幅は08年のリーマン・ショック時の最大下げ幅1089円を軽々と超えた。

 ただし、「予言」を的中させた形の安倍首相本人は、英国のEU離脱を全く想定していなかった様子である。24日は選挙応援から慌てて官邸に戻って緊急関係閣僚会議を開いたが、具体策はゼロ。離脱への投票を後悔する「BREGRET」と呼ばれる人々と同じように、「どうせ残留派が勝つに決まっている」とタカをくくっていたとしか思えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る