日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

入院中の谷垣幹事長交代 後任は財政出動派の二階総務会長

 3日に行われる内閣改造・自民党役員人事。ケガで入院中の谷垣幹事長が留任するのか、それとも交代するのかが最大の焦点となっていたが、「交代」が決まった。安倍首相は幹事長に二階俊博総務会長を充てることを決め、1日午前、官邸で会談。二階氏は幹事長就任を受け入れた。

 安倍首相のホンネは谷垣氏の続投だった。すでに菅官房長官と麻生財務相は留任が固まっており、谷垣続投で内閣と党の骨格を動かさず、政権の安定を優先させる意向だった。

 ところが谷垣氏がサイクリング中の転倒事故で入院。頚髄を損傷し、復帰のメドが立たないとして、谷垣氏が安倍首相に辞意を伝えていた。

 二階氏は参院選直後の先月19日、唐突に2018年9月までの安倍首相の党総裁任期の延長について言及。

「余人をもって替え難しという状況が生まれてくれば、対応を柔軟に考えていくのは大いに検討に値する」と語り、露骨な“猟官運動”ともみられていた。

 国土強靱化を先頭に立って進めてきた二階氏は、公共事業推進の財政出動派。2日にも空前の28兆円超の経済対策を発表する安倍首相といいコンビか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事