カラス退治に血まなこ 動機は「ゴルフ場で頭つつかれた」

公開日: 更新日:

 慎太郎が知事時代、大マジメで取り組んだのが「カラス退治」だ。

 その動機は「ゴルフのプレー中、カラスにアイアンを投げつけたら逆襲され頭をつつかれた」という百パーセント個人的なもの。都庁役人は「ほかに優先すべき政策があるのにカラスかよ」と内心バカバカしく思っていたようだが、トップの指令には逆らえず、都庁をあげてカラス退治に総力をあげる異例の事態になった。

 慎太郎がカラス退治に乗りだしたのは、2001年9月。わざわざ庁内に「カラス対策プロジェクトチーム」を設置。メンバー19人に「命がけでやってくれ!」とゲキを飛ばしている。対策は「捕獲器の設置」と「ゴミ集積場への防鳥ネットの配布」。「捕獲器」は縦3メートル、横4メートル、高さ3メートルという大きなもので、わずか2カ月間で都内に100カ所も設置している。設置には4000万円以上かかり、2002年度には「カラス退治」のために1億6000万円もの税金をつぎ込んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    キヤノン御手洗冨士夫CEO 社長時代の栄光と持論は今いずこ

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る