カラス退治に血まなこ 動機は「ゴルフ場で頭つつかれた」

公開日:  更新日:

 慎太郎が知事時代、大マジメで取り組んだのが「カラス退治」だ。

 その動機は「ゴルフのプレー中、カラスにアイアンを投げつけたら逆襲され頭をつつかれた」という百パーセント個人的なもの。都庁役人は「ほかに優先すべき政策があるのにカラスかよ」と内心バカバカしく思っていたようだが、トップの指令には逆らえず、都庁をあげてカラス退治に総力をあげる異例の事態になった。

 慎太郎がカラス退治に乗りだしたのは、2001年9月。わざわざ庁内に「カラス対策プロジェクトチーム」を設置。メンバー19人に「命がけでやってくれ!」とゲキを飛ばしている。対策は「捕獲器の設置」と「ゴミ集積場への防鳥ネットの配布」。「捕獲器」は縦3メートル、横4メートル、高さ3メートルという大きなもので、わずか2カ月間で都内に100カ所も設置している。設置には4000万円以上かかり、2002年度には「カラス退治」のために1億6000万円もの税金をつぎ込んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る