• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

朴大統領弾劾へトドメ “決定的醜聞”秒読みと地元メディア

 たった4%。朴槿恵大統領の支持率が、ついに韓国の歴代最低を更新した。不支持率は93%に達しているから、国民の怒りは半端じゃない。26日の5回目の抗議デモ(ろうそく集会)には警察推計で、ソウルを中心に全国で過去最大規模の27万人が参加した。

 大統領弾劾に必要な議員数は200人。野党系は無所属を合わせて172人で、与党セヌリ党から28人が合流すれば弾劾は成立する。すでにセヌリ党内の非主流派40人が賛成に回ると明かした。弾劾決議は来月2日、あるいは9日にも行われる予定だ。

 朴大統領が職務停止に追い込まれるのは時間の問題だが、決定的なスキャンダルが飛び出しそうなのだ。韓国のインターネット新聞「ブレークニュース」編集主幹の文日錫氏が言う。

「韓国メディアはこの数日、2年半前のセウォル号事件当時、朴大統領の“空白の7時間”の行動を追及しています。胎盤注射、バイアグラの大量購入、整形手術など、あらゆる疑惑が連日これでもかと報じられる過熱ぶり。私が注目しているのは、朴大統領と拘束されたチョン・ホソン秘書官との携帯電話の会話記録です。親友の崔順実被告を助けるため、朴大統領の具体的な指示内容が含まれているようです。その録音記録が10秒でも公開されたら、国民の怒りの炎がロウソクからタイマツに広がることは確実。具体的な指示内容は、この数日の間に公開されるとみられています」

 父親のように暗殺されないことを祈る。

(取材協力=ジャーナリスト・太刀川正樹氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  9. 9

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る