都議会自民抵抗せず大誤算 「小池新党」結成前倒しの裏側

公開日:

 ついに小池百合子都知事は、新党結成のハラを固めたようだ。27日の東京新聞が「小池政治塾 都議選視野に100人選抜」「地域政党 年内設立も」と大きく報じている。しかし、年内の新党結成は、小池知事の焦りの裏返しという声が強い。

 10月30日にスタートした「小池塾」には現在、全国から2900人が参加し、追加募集も実施している。塾生の中には政治家志望も多く、小池塾は、政治家としての資質や適性を見極め、100人程度を選抜するという。塾関係者は「年内にも都議選をにらんだ地域政党を立ち上げたい」とコメントしている。

 どうやら、来年夏に行われる都議選に塾生100人程度を擁立するつもりらしい。

 しかし、この時期の「新党結成」は、小池知事のシナリオが狂い始めた証左との声がもっぱらだ。


「年内の新党結成は早過ぎます。もし、小池さんが新党を結成するとしたら、来年4月ごろだとみられていました。都議選の直前の方がインパクトがあるからです。そもそも今、新党を立ち上げる大義がない。もともと小池さんのシナリオは、都議会自民党が抵抗して都政が停滞したタイミングで、『誰が抵抗勢力かハッキリした』『都民ファーストを実現するために新党をつくる』とタンカを切ることだったはず。でも、都議会自民党は抵抗していない。新党を結成する理由がないはずです」(都政関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    日ハム残留希望も…レアードを巨人・楽天・ソフトBが狙う

  10. 10

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

もっと見る