カジノ法案攻防大詰め 14日成立図る自民のアノ手コノ手

公開日:  更新日:

 会期末を14日に控え、カジノ解禁法案を巡る与野党の攻防が激しさを増している。自民党は会期内の成立を目指し、あの手この手だ。

 解禁法案を審議する参院内閣委の委員長ポストは、民進党が握る。自民党内では、委員長の解任決議案を数の力で可決させ、身内に差し替えての強引な採決も検討されたが、さらなる批判の強まりを恐れ、さすがに慎重意見が勝る。

 そこで浮上した“抜け道”が、委員会採決をすっ飛ばして本会議で採決を図る「中間報告」。この動議が参院本会議で可決されると、委員長は法案内容と審議の経過などを報告し、採決に移る。民進党の委員長が報告を拒否した場合、自民党の理事が代行できる。

 法案に反対する野党も黙っちゃいない。自民党が乱暴な手続きで採決に踏み切ったら即、衆院に内閣不信任決議案を出し、対抗する構えだ。何としても法案を成立させるため、自民党の一部からは会期の小幅延長もやむなしとの意見も出始めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る