• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

カジノ法案攻防大詰め 14日成立図る自民のアノ手コノ手

 会期末を14日に控え、カジノ解禁法案を巡る与野党の攻防が激しさを増している。自民党は会期内の成立を目指し、あの手この手だ。

 解禁法案を審議する参院内閣委の委員長ポストは、民進党が握る。自民党内では、委員長の解任決議案を数の力で可決させ、身内に差し替えての強引な採決も検討されたが、さらなる批判の強まりを恐れ、さすがに慎重意見が勝る。

 そこで浮上した“抜け道”が、委員会採決をすっ飛ばして本会議で採決を図る「中間報告」。この動議が参院本会議で可決されると、委員長は法案内容と審議の経過などを報告し、採決に移る。民進党の委員長が報告を拒否した場合、自民党の理事が代行できる。

 法案に反対する野党も黙っちゃいない。自民党が乱暴な手続きで採決に踏み切ったら即、衆院に内閣不信任決議案を出し、対抗する構えだ。何としても法案を成立させるため、自民党の一部からは会期の小幅延長もやむなしとの意見も出始めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

もっと見る