都議選で64人擁立の小池新党 女性候補だらけの深謀遠慮

公開日:  更新日:

「過半数を目指すのは当たり前。私と方向性が一緒の人を確保することが、都政の安定につながる」――と、夏の都議選に単独過半数を狙える64人以上の候補者を擁立すると宣言している小池百合子知事(64)。すでに現職都議や現職区議、現職市議を中心に12人を公認している。

「小池知事は都議会(定数127)で単独過半数を確保するために42ある全選挙区に候補を擁立するのはもちろん、定数8の大田や世田谷、定数6の杉並、練馬、足立など定数の多い選挙区には複数の候補を立てるつもりです。塾生が300人いる“小池塾”(希望の塾)からも擁立する予定で、誰を立てるか、いま塾生と面接を重ねています」(都政関係者)

■男性塾生からブーイング

 塾生のなかには政治家志望も多く、大枚5万円の会費を払って塾生になっている。〈小池VS都議会ドン〉の代理戦争となった千代田区長選に勝利した時は、「これで小池新党に勢いがつく」と塾生たちは大喜びしていたが、最近になって男性塾生を中心に不満が噴出しはじめているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る