日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

森永製菓と乳業が統合見送り 市場が勘ぐる昭恵夫人のカゲ

 あまりに突然だ。30日、森永製菓と森永乳業は「経営統合に向けた検討終了について」という文書を公表した。

 発表文には、「選択肢の一つとしておりました経営統合については、現時点での検討を終了」とある。関係者によると、統合を含む協業の可能性を16年秋ごろにスタートさせたという。

 今年2月下旬に日経新聞が「18年4月メドに経営統合」と報じたことから、両社の株価は上昇傾向を見せ始め、30日の終値は報道前に比べ、森永製菓は12%、森永乳業は28%ほど高くなった。

「両社は同じ会社から分離した兄弟会社だけに、経営統合もスムーズに進むとみられ、株高傾向となっていました。でも今後は下落していくでしょう。それにしても、なぜ、このタイミングで検討終了を公表したのか。ちょっと不思議です」(市場関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事