市場は超強気モード プロが教える“2万円相場”で勝つ穴株

公開日: 更新日:

 株価2万円は通過点に過ぎない――。株式市場は超強気モードだ。

 GW明け直後の8日、日経平均は急騰し、約1年5カ月ぶりの高値水準で取引を終えた。一時は前週末比483円高となる1万9929円まで上昇し、2万円まで数十円に迫った。

「フランス大統領選を無事通過したことで、市場に安堵感が漂っています。6月の仏下院選挙や、北朝鮮問題など株価を左右する材料は多いですが、マーケットは悪材料に反応しにくくなっています。しばらくは上昇傾向が続くでしょう」(証券アナリスト)

 8日の東証1部の売買代金は昨年12月以来となる3兆円を超え、出来高は活況の目安となる20億株を軽く突破した。

■株価500円以下が狙い目

「この先、利益確定売りに押される場面はあるでしょうが、日経平均は15年6月の高値2万953円を目指すでしょう。相場全体が底上げされるので、東証1部でありながら、安値で放置されている銘柄の株高も期待できます。株価500円以下が“穴株”として狙い目です」(株式評論家の倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  2. 2

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  5. 5

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  6. 6

    元SMAPで独り勝ち キムタクが歩むジャニーズ大幹部への道

  7. 7

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  8. 8

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  9. 9

    落合は「絶対に当てないから大丈夫」と涼しい顔で言った

  10. 10

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る