“金大中神話”を活用して成功 文在寅・韓国新大統領が就任

公開日: 更新日:

 韓国大統領選で圧勝した最大野党「共に民主党」の文在寅氏(64)は、10日、第19代大統領に就任。さっそく李淳鎮・軍合同参謀本部議長から北朝鮮の動向について電話で報告を受け、態勢に万全を期すよう指示、公務を開始した。

 韓国メディアによると、新首相には李洛淵・全羅南道知事(64)が内定した。

 李氏は東亜日報の東京特派員、韓日議員連盟の幹事長などを務めた知日派。任命案が国会で承認されれば、首相として対日政策に積極的に関与するとみられる。

「李氏は日本の学者(慶応大学など)や政治家など与野党に人脈を伸ばしています。特に東亜日報は朝日新聞と近く、頻繁に情報交換している間柄です。全羅南道知事として高知県とは姉妹都市契約を結んでいることもあり、頻繁に日本を訪れています」(韓国事情に詳しいジャーナリスト・太刀川正樹氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2横綱1大関に続き朝乃山も撃破 好調遠藤を支える謎の新妻

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  4. 4

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

  5. 5

    仮出所した中江滋樹を高級車で迎えた意外な人物とは?

  6. 6

    地上波から消えた不当を証明した「新しい地図」のスター感

  7. 7

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  8. 8

    「パンクで遅刻する」上司に送ったビミョーすぎる証拠画像

  9. 9

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  10. 10

    AAA活動休止発表で“シンボル”を失うエイベックスの痛手

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る