• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今季も日本席巻か 韓国女子「勝負強さ」の根底にあるもの

【ヨコハマタイヤPRGRレディス 最終日】

 全美貞(34)と藤崎莉歩(25)が通算7アンダーで首位に並び、6年連続でプレーオフに突入した今大会。

 2012年賞金女王、ツアー通算24勝の全に対して、未勝利の藤崎はプレーオフも初体験だ。

 18番パー4で行われた1ホール目は藤崎が左フェアウエーバンカーからの2打目をグリーン右奥に外し、下りアプローチをピンそば1.5メートルにつけたところまでは大健闘だった。その直後、ピン左奥から右に大きく曲がる下り7メートルのバーディーパットを全が放り込んであっさり決着がついた。

 これで全は史上4人目の生涯獲得賞金10億円を突破。今季ツアーは開幕戦に続き韓国選手の連勝になり、賞金ランクでもトップ10に6選手がいる。この6人だけですでに6721万7333円も稼いでいるのだ。ここ3年は韓国選手が賞金女王タイトルを手にしており、10年からの7シーズンでは6度と韓国勢が圧倒的な強さを見せている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る