日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今季も日本席巻か 韓国女子「勝負強さ」の根底にあるもの

【ヨコハマタイヤPRGRレディス 最終日】

 全美貞(34)と藤崎莉歩(25)が通算7アンダーで首位に並び、6年連続でプレーオフに突入した今大会。

 2012年賞金女王、ツアー通算24勝の全に対して、未勝利の藤崎はプレーオフも初体験だ。

 18番パー4で行われた1ホール目は藤崎が左フェアウエーバンカーからの2打目をグリーン右奥に外し、下りアプローチをピンそば1.5メートルにつけたところまでは大健闘だった。その直後、ピン左奥から右に大きく曲がる下り7メートルのバーディーパットを全が放り込んであっさり決着がついた。

 これで全は史上4人目の生涯獲得賞金10億円を突破。今季ツアーは開幕戦に続き韓国選手の連勝になり、賞金ランクでもトップ10に6選手がいる。この6人だけですでに6721万7333円も稼いでいるのだ。ここ3年は韓国選手が賞金女王タイトルを手にしており、10年からの7シーズンでは6度と韓国勢が圧倒的な強さを見せている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事