• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ロシアゲート疑惑で蘇る ウォーターゲート事件の“株暴落”

 トランプ大統領の“ロシアゲート”疑惑が株価暴落を誘発しかねない――。兜町に不穏な空気が漂っている。

 米紙ワシントン・ポストやニューヨーク・タイムズによれば、トランプはロシア疑惑の捜査を断念するようFBIのコミー長官に要請したうえ、最終的に解任した。

「一連の動きは、1970年代前半に起きたウォーターゲート事件を連想させます。当時、ニクソン大統領はウォーターゲート事件の特別検察官だったコックス氏を解任したため、問題はさらに大きくなった。トランプ大統領によるコミーFBI長官の解任も、周囲の反発は凄まじいものがあります。ウォーターゲート事件は株式市場を直撃し、NYダウは大崩れしました。悪夢の再来を予感している投資家は大勢います」(株式評論家の杉村富生氏)

 市場は70年代の亡霊に脅かされ、不安を募らせているのだ。73年10月、ニクソンは特別検察官を突然クビにした。「土曜日の夜の虐殺」と呼ばれるほど世間を震撼させた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る