ロシアゲート疑惑で蘇る ウォーターゲート事件の“株暴落”

公開日:

 トランプ大統領の“ロシアゲート”疑惑が株価暴落を誘発しかねない――。兜町に不穏な空気が漂っている。

 米紙ワシントン・ポストやニューヨーク・タイムズによれば、トランプはロシア疑惑の捜査を断念するようFBIのコミー長官に要請したうえ、最終的に解任した。

「一連の動きは、1970年代前半に起きたウォーターゲート事件を連想させます。当時、ニクソン大統領はウォーターゲート事件の特別検察官だったコックス氏を解任したため、問題はさらに大きくなった。トランプ大統領によるコミーFBI長官の解任も、周囲の反発は凄まじいものがあります。ウォーターゲート事件は株式市場を直撃し、NYダウは大崩れしました。悪夢の再来を予感している投資家は大勢います」(株式評論家の杉村富生氏)

 市場は70年代の亡霊に脅かされ、不安を募らせているのだ。73年10月、ニクソンは特別検察官を突然クビにした。「土曜日の夜の虐殺」と呼ばれるほど世間を震撼させた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る