580億円請求の住民訴訟に“欠席” 石原氏またも逃げの一手

公開日:

 築地市場の豊洲移転をめぐり、土壌汚染対策費を考慮せずに土地を購入したのは違法だとして、都民約40人が石原慎太郎元知事に約578億円を請求するよう都側に求めた住民訴訟の次回口頭弁論が5月31日に開かれる。

 23日、慎太郎氏が「補助参加」することを東京地裁に伝えたことが明らかになったことから、本人が法廷に姿を現すと思ったら、代理人弁護士だけが出席する見通し。弁護士は「法的責任を追及されるいわれはない」という従来の主張を繰り返すとみられている。

 だったら、正々堂々と法廷で主張すればよさそうなものだが、この男に期待するだけムダ。慎太郎氏は今年3月の都議会百条委員会でも、体調不良を理由に3時間の予定を1時間に短縮するように要請。百条委には出席したものの、冒頭で「脳梗塞の後遺症で平仮名も忘れた」と表明して都議たちをア然とさせ、「都の各部局が決めた」「浜渦副知事に一任していた」と責任転嫁する発言を繰り返した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る