【小金井市】都民Fの出遅れと野党票分散が自民を利するか

公開日: 更新日:

【小金井市(定員1)】
+△広瀬真木35自新
-△辻野栄作48都新
 朝倉法明58無(共)新
 漢人明子57無新
※無(共)は無所属で共産推薦
 現職の木村基成が自民党を今年2月に離党し、新人ばかりの戦いに。

「木村都議は離党して都民ファーストの公認候補になったと思ったら、選挙区まで移ってしまった。『定数8』の世田谷区の方が当選しやすいと思ったんだろうけど、小金井市民をバカにしてますよ。なんでこうなったのか、自民党にはちゃんと説明してほしいですね」(地元有権者)

 現職の離党でお鉢が回ってきた広瀬は、京大経済学部から三菱東京UFJ銀行。昨年、自民党の参院選オープンエントリーで最終選考に残った。イメージカラーの赤いポロシャツ姿で駅頭に励んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  3. 3

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  6. 6

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  7. 7

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  8. 8

    銚子電鉄 袖山里穂さん<前>アイドル車掌は会社をどう見る

  9. 9

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

  10. 10

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

もっと見る