核兵器禁止条約に不参加 保有国の二枚舌に盲従する日本

公開日:

「核兵器のない世界を必ず実現する」――。オバマ前米大統領が昨年5月に広島を訪問した際に“宣言”した安倍首相の演説はやはり大ウソだった。

 7日にNYの国連本部で採択された核兵器禁止条約。核兵器の開発や保有、実験、使用のみならず、核兵器による威嚇まで禁止する画期的な内容で、加盟国の3分の2近くの122カ国が賛成したのだが、例によってというのか、米英仏ロ中などの核保有国に加え、米国の「核の傘」に頼る日本は不参加。条約の前文には「ヒバクシャ」が明記され、日本の被爆経験をくんだ条約だったにもかかわらずである。

 国連本部で「70年間待ち続けた」と演説した広島出身でカナダ在住の被爆者、サーロー節子さん(85)も「唯一の被爆国として反核運動の先頭に立つと言いながら、実際は何もやっていない」と日本政府の対応を批判したが、その通りだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る