北への制裁強化手遅れか 元米海兵隊大佐「問題はその後」

公開日:

 米国の本音は一体何なのか――。

 4日、北朝鮮が「長距離弾道ミサイル」(ICBM)の発射実験成功を発表。翌日、米国がその発表を事実と認めた。

 米国にとって北朝鮮の脅威が高まったわけだが、国際社会の対北制裁強化に向けた足並みが揃わず、金正恩が着々とミサイル開発を進めてきた結果だ。

 先月29日、ムニューチン米財務長官が、北朝鮮のマネーロンダリングに関わった中国の銀行に対して、米金融機関との取引を禁止することを表明。また、米メディア「ブルームバーグ」の7日付の記事によれば、米検察当局が、バンク・オブ・アメリカやドイツ銀行など欧米の主要8行に対して、北朝鮮の企業に関連する数百万ドルの資金を差し押さえる検討に入った。

■東京にミサイルが飛んでくる可能性

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  8. 8

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    辺野古土砂投入…沖縄は人でなし首相と縁を切った方がいい

もっと見る