北への制裁強化手遅れか 元米海兵隊大佐「問題はその後」

公開日:

 米国の本音は一体何なのか――。

 4日、北朝鮮が「長距離弾道ミサイル」(ICBM)の発射実験成功を発表。翌日、米国がその発表を事実と認めた。

 米国にとって北朝鮮の脅威が高まったわけだが、国際社会の対北制裁強化に向けた足並みが揃わず、金正恩が着々とミサイル開発を進めてきた結果だ。

 先月29日、ムニューチン米財務長官が、北朝鮮のマネーロンダリングに関わった中国の銀行に対して、米金融機関との取引を禁止することを表明。また、米メディア「ブルームバーグ」の7日付の記事によれば、米検察当局が、バンク・オブ・アメリカやドイツ銀行など欧米の主要8行に対して、北朝鮮の企業に関連する数百万ドルの資金を差し押さえる検討に入った。

■東京にミサイルが飛んでくる可能性

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る