北への制裁強化手遅れか 元米海兵隊大佐「問題はその後」

公開日: 更新日:

 米国の本音は一体何なのか――。

 4日、北朝鮮が「長距離弾道ミサイル」(ICBM)の発射実験成功を発表。翌日、米国がその発表を事実と認めた。

 米国にとって北朝鮮の脅威が高まったわけだが、国際社会の対北制裁強化に向けた足並みが揃わず、金正恩が着々とミサイル開発を進めてきた結果だ。

 先月29日、ムニューチン米財務長官が、北朝鮮のマネーロンダリングに関わった中国の銀行に対して、米金融機関との取引を禁止することを表明。また、米メディア「ブルームバーグ」の7日付の記事によれば、米検察当局が、バンク・オブ・アメリカやドイツ銀行など欧米の主要8行に対して、北朝鮮の企業に関連する数百万ドルの資金を差し押さえる検討に入った。

■東京にミサイルが飛んでくる可能性

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  4. 4

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  7. 7

    民間会社員と年金額で差 公務員はなぜ恵まれているのか?

  8. 8

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

  9. 9

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  10. 10

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る