専門家に聞いた 米国押し売り“空対地ミサイル”は必要か?

公開日:

 今月8日、ドイツG20の合間に行われた日米首脳会談。一部報道によれば、安倍首相はトランプ大統領に「防衛装備品の購入」を迫られたという。

 今さら米国にタカられても驚かないが、既にその予兆はあった。先月26日付の読売新聞1面に「F35に空対地ミサイル政府検討」の見出しが躍った。記事によると、政府はステルス戦闘機に射程距離300キロのジョイント・ストライク・ミサイル(JSM)を搭載する検討を始めたという。

 JSMは英米やノルウェーなど9カ国が1500億円をかけて開発中の最新鋭ミサイル。空自がJSMなどの空対地ミサイルを導入すれば、敵基地攻撃能力を持つことになり、専守防衛との兼ね合いが問題となる。

 安倍首相も国会で「敵基地攻撃能力を(自衛隊が)保有する計画はない」と答弁してきたが、その口で北朝鮮のミサイルの脅威をあおってきた。その勇ましい姿勢にツケ込んだのが、トランプというわけで、なるほど、取引上手な男である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る