専門家に聞いた 米国押し売り“空対地ミサイル”は必要か?

公開日: 更新日:

 今月8日、ドイツG20の合間に行われた日米首脳会談。一部報道によれば、安倍首相はトランプ大統領に「防衛装備品の購入」を迫られたという。

 今さら米国にタカられても驚かないが、既にその予兆はあった。先月26日付の読売新聞1面に「F35に空対地ミサイル政府検討」の見出しが躍った。記事によると、政府はステルス戦闘機に射程距離300キロのジョイント・ストライク・ミサイル(JSM)を搭載する検討を始めたという。

 JSMは英米やノルウェーなど9カ国が1500億円をかけて開発中の最新鋭ミサイル。空自がJSMなどの空対地ミサイルを導入すれば、敵基地攻撃能力を持つことになり、専守防衛との兼ね合いが問題となる。

 安倍首相も国会で「敵基地攻撃能力を(自衛隊が)保有する計画はない」と答弁してきたが、その口で北朝鮮のミサイルの脅威をあおってきた。その勇ましい姿勢にツケ込んだのが、トランプというわけで、なるほど、取引上手な男である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  3. 3

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  4. 4

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  5. 5

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  6. 6

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  7. 7

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  8. 8

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  9. 9

    7/20~7/26のあなたの運勢

  10. 10

    ジャニーズからの圧力は? キー局の見解と元SMAP3人の今後

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る