専門家に聞いた 米国押し売り“空対地ミサイル”は必要か?

公開日: 更新日:

 今月8日、ドイツG20の合間に行われた日米首脳会談。一部報道によれば、安倍首相はトランプ大統領に「防衛装備品の購入」を迫られたという。

 今さら米国にタカられても驚かないが、既にその予兆はあった。先月26日付の読売新聞1面に「F35に空対地ミサイル政府検討」の見出しが躍った。記事によると、政府はステルス戦闘機に射程距離300キロのジョイント・ストライク・ミサイル(JSM)を搭載する検討を始めたという。

 JSMは英米やノルウェーなど9カ国が1500億円をかけて開発中の最新鋭ミサイル。空自がJSMなどの空対地ミサイルを導入すれば、敵基地攻撃能力を持つことになり、専守防衛との兼ね合いが問題となる。

 安倍首相も国会で「敵基地攻撃能力を(自衛隊が)保有する計画はない」と答弁してきたが、その口で北朝鮮のミサイルの脅威をあおってきた。その勇ましい姿勢にツケ込んだのが、トランプというわけで、なるほど、取引上手な男である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    トランプ親書を尻に?安倍首相の外交力を海外メディア酷評

  2. 2

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  3. 3

    生保調査で分かった 60歳2000人貯蓄の内実と迫る消費不況

  4. 4

    「いだてん」はオワコン NHK早くも「麒麟が来る」必勝態勢

  5. 5

    5%割れなら…NHKが密かに画策「いだてん」終了プラン

  6. 6

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  9. 9

    71年に夫と失踪 園田トシ子さんはイ・スンオクと名乗る

  10. 10

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る