米軍特殊作戦機が空自救難ヘリに給油 防衛省訓練公表せず

公開日:  更新日:

 米空軍嘉手納基地(沖縄県)所属の特殊作戦機が航空自衛隊の救難ヘリコプターに空中給油を行う日米共同訓練を6月、日本海などで実施していたことが分かった。災害時の対処だけでなく、米側は有事に負傷した米兵を日米が連携して救出する事態も見据え訓練した可能性がある。防衛省は訓練を公表していない。

 在日米軍などによると、訓練は6月12日から同21日まで実施された。日本側からは浜松、小松両基地の救難ヘリコプターが参加。米側からは特殊部隊を敵地に潜入させたり、捜索救助活動の任務に就いたりする嘉手納基地所属の米空軍第353特殊作戦群の輸送機「MC130コンバット・タロン」などが参加した。

 日本海や太平洋上で合流し、特殊作戦機から空自救難ヘリに空中給油する訓練が行われた。夜間、暗視ゴーグルを使った難易度が高い給油訓練も実施された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  4. 4

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    吉川晃司や近藤サトで注目 グレーヘアはモテにつながるか

  7. 7

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  8. 8

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る