日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米軍特殊作戦機が空自救難ヘリに給油 防衛省訓練公表せず

 米空軍嘉手納基地(沖縄県)所属の特殊作戦機が航空自衛隊の救難ヘリコプターに空中給油を行う日米共同訓練を6月、日本海などで実施していたことが分かった。災害時の対処だけでなく、米側は有事に負傷した米兵を日米が連携して救出する事態も見据え訓練した可能性がある。防衛省は訓練を公表していない。

 在日米軍などによると、訓練は6月12日から同21日まで実施された。日本側からは浜松、小松両基地の救難ヘリコプターが参加。米側からは特殊部隊を敵地に潜入させたり、捜索救助活動の任務に就いたりする嘉手納基地所属の米空軍第353特殊作戦群の輸送機「MC130コンバット・タロン」などが参加した。

 日本海や太平洋上で合流し、特殊作戦機から空自救難ヘリに空中給油する訓練が行われた。夜間、暗視ゴーグルを使った難易度が高い給油訓練も実施された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事